HowTo目的別リフォームのHowTo

50代からのリフォーム

夫婦ふたりの暮らしに合わせた間取りの変更

子どもの独立で使っていない部屋の有効活用できるよう、夫婦ふたりの暮らしに合わせた間取りの変更がおすすめです。 第2の人生を楽しむため、終の棲家となることも考えた安心のリフォームがキーワードです。

年齢とともに増える自宅内での事故を防ぐ

床の段差解消

段差があると、ちょっとしたことでつまづいたり、車椅子を使うことになった時に障害になってしまいます。

手すりの設置

今は必要がない手すりも将来のことを考えて、取り付け予定位置に下地を入れることをおすすめしています。

建物の断熱性能をあげる

寒い季節は、温度の刺激による血圧の急激な変動と心拍数の増加によりヒートショックが起こりやすく立くらみや転倒による溺死事故が多くなります。ヒートショック防止策として断熱リフォームをおすすめします。

子供の独立:使っていない部屋を使える部屋にする

「ご家族やご来客が多かった頃の細かい間仕切りはもう必要ない」普段は広々とゆったり暮らし、必要なときだけ間仕切りが出来るように建具などを上手に使って、柔軟な間取りを計画されるようおすすめします。

夫婦に適切な距離で、趣味を楽しみながら暮らせる空間

夫婦だけの暮らしを楽しんでいくためには、お互いを尊重できる住まいにすることが大切。夫婦ふたりだけの暮らしを楽しんでいくためには、お互いを尊重できる住まいにすることが大切。使わなくなった部屋を活用して、それぞれの趣味を謳歌できる空間づくりが充実したセカンドライフを支えます。

ユニバーサルデザインの5大原則

1 姿勢・動作がラク

毎日家族全員が必ず使う水まわりを中心に使い勝手をしっかり検討することで暮らしが変わります。

1 姿勢・動作がラク

2 わかりやすく、簡単な動作

操作スイッチの場所や機能、操作手順がわかりやすいこと。また、操作そのものも軽い力で出来て簡単な操作であこと。

2 わかりやすく、簡単な動作

3 使用者の違い、変化に対応

使用者の加齢などによる変化に柔軟に対応できること。例えば、身体への負担が少ない手洗いの設置。

3 使用者の違い、変化に対応

快適性

明るさや温度などが快適であること。例えば、浴室に換気乾燥暖房機、トイレに暖房機をつけることで冬の寒さを緩和し、ヒートショックを予防します。

快適性

安全性

事故が起きないように配慮していること。例えば、浴室の段差がない出入口、転倒を未然に防ぐ手すりなど。

安全性

平面計画の5つのポイント

平面計画の5つのポイント01
平面計画の5つのポイント02
平面計画の5つのポイント03
平面計画の5つのポイント04
平面計画の5つのポイント05

定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション

上へ