Caseキッチンのリフォーム事例
  • HOME
  • キッチン
  • 思い切ってモノトーンのキッチンを選び落ち着いたリビングに

思い切ってモノトーンのキッチンを選び落ち着いたリビングに

東京都 N邸 築11年

  • 黒いキッチンカウンターには重厚感と高級感があります

  • 天井からの吊扉は半透明なので閉じたときに圧迫感を感じません

  • キッチンの色に合わせカップボードもそろえました。鏡面タイプの冷蔵庫がはまります

  • リビング横の居室との境の壁を取り払っただけで広く感じられます

  • 黒いキッチンカウンターには重厚感と高級感があります

  • 天井からの吊扉は半透明なので閉じたときに圧迫感を感じません

  • キッチンの色に合わせカップボードもそろえました。鏡面タイプの冷蔵庫がはまります

  • リビング横の居室との境の壁を取り払っただけで広く感じられます

  • 海外でセレクトしたインテリア照明の似合うリビングに

    マンションをご購入後に海外赴任が決まり、3年ほど日本を離れていらっしゃいました。
    日本に帰国されるのを機にリフォームを検討されたそうです。

    赴任先でセレクトした照明が似合うリビングにするため、リビング横の洋室の間仕切り扉と枠と壁を取り払いました。
    控え壁がないタイプの吊戸を選びましたので、開口部が広くリビングの視界を邪魔しません。
    また、扉は半透明の採光タイプなので扉を閉めても窓からの光がリビング全体に届きます。

    フローリングの色を白い壁に合う明るい色にし、反対色の黒やダークブラウンを家具やキッチンに取り入れたことでピリッと引き締まる印象のお部屋になっています。

    海外でセレクトしたインテリア照明の似合うリビングに

    マンションをご購入後に海外赴任が決まり、3年ほど日本を離れていらっしゃいました。
    日本に帰国されるのを機にリフォームを検討されたそうです。

    赴任先でセレクトした照明が似合うリビングにするため、リビング横の洋室の間仕切り扉と枠と壁を取り払いました。
    控え壁がないタイプの吊戸を選びましたので、開口部が広くリビングの視界を邪魔しません。
    また、扉は半透明の採光タイプなので扉を閉めても窓からの光がリビング全体に届きます。

    フローリングの色を白い壁に合う明るい色にし、反対色の黒やダークブラウンを家具やキッチンに取り入れたことでピリッと引き締まる印象のお部屋になっています。

  • キッチンの袖壁も大理石にしたのはポイントです

    キッチンのパイプスペースの場所を取り込み配置することが難しいため、オーダーキッチンを選択しました。
    袖壁はパネルではなく大理石にしたので高級感が感じられます。
    黒いキッチンを選ぶことに始めは躊躇されたそうですが、仕上がりをご覧になり、重厚感や高級感に大変満足されたそうです。

Outline概要

所在地 東京都
築年数 築11年
こだわり条件 ■思い切ってモノトーンのカラーのキッチンを選びました
■キッチンに合わせたカップボード
■間仕切りの扉を半透明にし、圧迫感を軽減

定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション定額制で自由設計ができるリノベーション、はじまる「住みたい」はデザインできる。bespo[ビスポ]野村不動産グループのリノベーション

上へ